2018
04.10

ベッドの上では感度が命!濡れやすいアソコになるためには・・・!

夫婦生活【夜】

気心知れた夫婦間のセックスとはいえ、いつまでも妻には ”オンナ” の部分を忘れずにいて欲しいという男性は多いものです。
また、自分とのセックスでたくさん感じてくれる方が、夫としても間違いなく嬉しいことですし、セックスも盛り上がります。

今回は、結婚後の夫とのセックスでも、女を忘れず、感度を上げて濡れやすいアソコになる方法をご紹介します。

簡単にできることなので、ぜひ参考にしてみてください。

想像力を豊かにする

今薄暗い部屋で自分がしていること、いやらしいことをしている自分の姿、すっごくセクシーな姿で本能のまま体を委ねている自分、普段はクールなのに、セックスの時は乱れる自分・・・
というように、想像力が豊かになることで、自分の気持ちを高ぶらせることができるのです。
気持ちが高ぶってくると、自然にアソコも濡れてきますよ。

いつもよりセクシーな格好をしてみる

オススメはTバックや、ちょっとセクシーな攻めたデザインの下着です。
また、服装も、女性らしくタイトで胸元が開いているものや、時にはスリットの入ったスカートや、ミニスカートを履いて、
胸やお尻、脚など、セックスアピールができる、自信がある部位を強調してみましょう。
そうすると、男性の視線を感じたり、自分の中でもセックスに対して「今日したいかも・・」
という気分になり、セックスに積極的になることができます。
セックスに前向きになると、感度もUPします。

行為に集中する

何か考え事をしている時は、セックスにあまり集中することができません。
集中できないと、気が散って感度も下がります。
なので、セックスの時は頭をクリアにして、何もかも忘れて挑む方が良いでしょう。
目の前の行為にだけ集中してください。

自分の性感帯を知る

自分がどこをどう触られたら「気持ちいい」と感じるのか、熟知しておくと良いでしょう。
それを夫にもさりげなく伝えて、たくさん触ってもらうようにしたり、少し大胆ではありますが、
自分で触ってみるのも良いです。

夫にじっくりと愛撫してもらう

すぐに挿入するのではなく、愛撫は時間をかけてじっくりしてもらいましょう。
雑な愛撫では濡れるものも濡れません。
なので、可愛くお願いすることも大切です。

濡れやすいアソコ

エロ動画を見る

そういったサイトは多いと思います。
女性だって、たまにはそういうのを観たっていいと思うのです。
色々と勉強になりますし、気持ちも高まって、「私もしたい・・」という気分になれるのではないでしょうか。

自分に自信を持つ

自分に程よく自信を持つことは必要なことだと思います。
例えば、裸にあまり自信がないとしても、セックス中は薄暗くしてしまえば、あまり気にしなくてもよくなります。
胸が小さくて悩むのであれば、脚やくびれ、お尻など、他に自信が持てる部分を見つけ、そこを磨きましょう。
気にせずもっと自信を持ってください。
自信がつけば、セックスをする時に思い切り楽しむことができて、楽しむということは、感度も上がっているはずですよ。

羞恥心なんて捨てる

「恥ずかしい・・・」この感情は、セックス中は捨てましょう。
ひとことで言えば、とてももったいないです。
恥ずかしがっていては、行為にセーブがかかってしまって、心から感じるセックスはできないのです。
心から感じるセックスをすると、体もたくさん感じてくるのです。

セックスを好きになる

これが一番かもしれません。
セックスの良さを知り、セックスを好きになることで、いつのまにか、たくさん感じる体になっていることでしょう。
何事も同じかもしれませんが、まずは余計なことを考えずに「楽しむ」という気持ちを持ってみてください。
緊張や余計なことを忘れ、思う存分、本能のままに楽しんでみてください。

最後に・・

セックスは子作りのためでもありますが、夫婦のスキンシップや愛情確認でもあります。
せっかくなら、お互いが気持ちの良いセックスをした方が良いと思うのです。
あなたが感じることで、夫も気持ちが盛り上がり、あなたへの愛も確実に深まります。
今回ご紹介したことを参考に、感度を上げて、もっともっと気持ちの良いセックスライフを送ってみてはいかがでしょうか。