2018
02.21

【これであなたの虜】夫を興奮させる可愛い喘ぎ声の出し方

夫婦生活【夜】

セックスに欠かせないスパイスは、【喘ぎ声】だと思うのです。

あなたはいつも自分がどんな喘ぎ声を出しているか、覚えていますか?
行為に集中して、あまり記憶にないと言う人も多いと思います。

しかし、実は男性は意外とあなたの喘ぎ声をちゃんと聞いているものなのです。
なぜなら、男性は喘ぎ声が大好きで、聞くと興奮度がさらに上がるからです。

もっともっとセックスが盛り上がる、セクシーな喘ぎ声の出し方をご紹介します。

喘ぎ声の出し方

声はいつもよりワンオクターブ高めに出す

いつもの声とのギャップが大きい方が良いです。
男性は基本的にAVなどを見て参考にしてきた人がほとんどなので、私たち女性にはちょっと理解しがたいのですが、女性の喘ぎ声と言うものに対して、AVのような喘ぎ声を想像している人が多いのが事実なのです。
なので、男性の興奮度をより高めるためには、いつもよりも高い声を出すように意識してみると良いでしょう。

時々舌ったらずな感じで

子供のような、ちょっと幼く甘えるようなイメージです。
ぶりっ子のような・・・と言う表現もあっているかもしれません。
男性は、甘えるような猫なで声が大好きなのです。なんだかんだ、ぶりっ子されて嫌な気がする男性は少ないのです。
これは自分が頼りにされている、自分のことを求めてくれている、と言う自己肯定感が満たされるからです。
セックスの最中、この女性は自分が支配しているのだと気持ちが高ぶり、興奮度が上がるのです。
甘えるような口調は、男性からしてみるととても可愛く感じるものなのです。

吐息は耳の近くで囁くように漏らす

高い声を出してばかりではなく、時折、耳元で吐息を漏らしてみましょう。
”耳元で” と言うのがとてもポイントで、耳に近づくと言うことは、体が密着している状態で、より相手の肌を感じられる状態です。密着は興奮度が高まります。
そして、耳元が性感帯と言う男性は多いので、耳に触れるような感じで、「んっっ・・・」と、吐息を漏らして見てください。セクシーな吐息が耳元で囁かれるなんて、もう興奮せずには居られなくなるはずですよ。

可愛い喘ぎ声の出し方

「ダメ・・・」も効果的

ダメと言われると、興奮してもっともっとしたくなるのがセックスです。
「そこは気持ちいいからダメ・・・」と言ってみましょう。そこをもっともっと攻めたくなるのが男性の心理なのです。
そのほかに、「イヤ・・」「ヤメて・・」などもオススメです。

「どうにかなっちゃいそう・・・」も効果的

男性の中で、どうにかなっちゃいそう=イク なのです。
女性をイカせたいと思っている男性はとても多く、自分のセックスで女性がイキそうになっている姿は興奮以外のなにものでもありません。
個人的には、「イキそう・・」と言うストレートな表現よりも、「どうにかなっちゃいそう・・」と遠回しに言う方が効果があると思います。

単調ではなく抑揚をつける

喘ぎ声は、強弱をつけることがポイントです。
同じ調子でただアンアン言っていても、単調で飽きてしまうものです。
吐息を混ぜたり、激しく声を出して見たり、セリフを混じえたり、あえて声は我慢してみたりして、工夫してみましょう。

呼吸を乱して苦しそうな顔をする

呼吸が乱れると言うことは、セックスに夢中になっている証拠で、「俺のセックスでこんなにたくさん感じてくれているんだな」と男性に伝わります。
また、呼吸が乱れながら苦しそうな表情をすることで、「こんなに乱れてる・・・」と男性は興奮してきます。
声の他にも、表情もポイントだということですね。

少しくらい演技した方がいい

演技と聞くと、偽っているようであまり良いイメージがないかもしれませんが、
セックス中においては、いつもよりも少しオーバーなリアクションの方が男性に喜ばれるのです。
演技は相手をもっと良い気持ちにさせるためなので、必要なものなのです。
今回ご紹介したことを参考に、ぜひさっそく実践して見てはいかがでしょうか。