2017
12.18

膣トレ方法

うわ!吸いつく・・・!!夫を虜にするための”膣トレ”方法

夫婦生活【夜】

結婚後、夫との夜の生活は夫婦円満の秘訣の中の1つだと思います。

あなたの体の虜にさせ、離れられなくさせてしまうことで、いつまでも夫婦仲良くいることができます。
今回は、夫が夢中になる体を目指すために、簡単にできる膣トレ方法を私なりにまとめてみました。

夫の本音は”締まりがいい方が好き”

締まりがいい女

締まりの良さはトレーニングで変えられる

〜簡単な膣トレ方法〜

1.脚を肩幅くらい開いた状態で立ちます
2.息を深く吸いながらゆっくり5秒程かけながら膣を締めます(お尻の穴にキュッと力を入れるような感覚)
3.そのまま5秒間キープします(慣れてきたら徐々にキープ時間を増やしましょう)
4.今度は5秒かけて息を吐きながら力を抜いていきます

これを数回繰り返しましょう。

〜膣トレPart2〜

1.仰向けに寝て脚を肩幅に開きます
2.おしりの穴、膣、尿道を引き締めます
3.5秒間キープします
4.キープ後はリラックスして体を休ませます

これを数回繰り返しましょう。

〜膣トレPart3〜

1.椅子に座り床につけた脚を肩幅に開きます
2.顔を上げてまっすぐに背中を伸ばします
3.肩の力を抜いてお腹には力を入れずにおしりの穴と膣を締めます
4.5秒間キープします
5.ゆっくりと力をゆるめていきます

これを数回繰り返しましょう。

〜膣トレPart4〜

1.床に体育座りをして、両足をまっすぐ前に伸ばします
2.両ひじを走るときのように振りながら、お尻を使って前に進みます
3.前に10歩お尻歩きします
4.後ろに10歩お尻歩きします

これを数回繰り返しましょう。

これらのトレーニングをすることで、膣周辺を支えている”骨盤底筋”を鍛えることができるのです。
骨盤底筋を鍛えると、膣が締まる他に、尿もれの予防・改善、生理痛の緩和にもつながると言われています。

膣トレ方法

トレーニングのポイント

・ゆっくりと時間をかけて行う
・お腹には力を入れない (あくまでも膣に力を入れる)
・毎日続ける
・効果でるまで2〜3週間程かかるので焦らずコツコツ行う

尿をするとき途中でとめてみよう

実は尿道と膣はとても近い位置にあります。
なので、尿をしている途中にいったん止める(尿道を閉める)ということは、骨盤低筋を鍛えることにつながるのです。
 
しかし、無理はし過ぎず、負担にならない程度に行いましょう。

名器は先天性と後天性の2種類で、膣トレをすることで誰でも目指せます

よく聞く「数の子天井」「みみず千匹」などの名器は、生まれつき持ってうまれる先天的な場合が多いです。
しかし、その確率は1000分の1と、とても低いのです。
なので、後天的に名器になるために、膣トレで筋肉を鍛えて、夫が夢中になり何度も求めたくなるような体になり、円満な夫婦生活をおくりましょう。