2017
12.17

マシュマロボディの作り方

夫が思わず触れたくなるSEXYなマシュマロボディの作り方!

夫婦生活【夜】

ふわふわなマシュマロボディは、まさに男性にとって理想の体です。

マシュマロボディとは、痩せすぎず、出るところは出ていて、でも引き締まっている、
やわらかそうな “女性らしい丸みのあるスタイル”のことです。

近くにいると思わず触れてみたくなるような、夫の性欲を揺さぶるボディに、あなたも生まれ変わってみたいと思いませんか??

女性らしさの象徴といえば、柔らかそうなバスト

バストが嫌いな男性はいません。
男性にはない、女性のシンボルなので、男性はバストが目の前にあるとついつい見てしまい、「触りたい、どうにかしてしまいたい・・・」と思うのです。

なので、マシュマロのようなバストを目指すことがマシュマロボディへの近道となります。

マシュマロバストの作り方

触れたときの肌触りがポイント

触ってみたら、ガッサガサの肌って、なんだかガッカリですよね・・・。
そうです、肌の感触ってとても大事なのです。
理想は“ハリのあるバスト”です。

バストのハリ(弾力)を手に入れるには

好きな香りのボディクリームを使いながら、マッサージしてあげましょう。

1.右手を左の脇の下に挟み、親指だけ脇の下ではなく外側に出しておきましょう
2.出している親指に力を入れ、肩の付け根を押します
3.親指に力を入れたまま、肩の付け根からバストへグッと移動させます
4.これを10回繰り返します
5.反対側も同じようにおこないましょう

クリームを使うことで、滑りが良くなり、肌を傷つける心配もなくなります。
また、保湿効果のあるクリームは、肌触りをよくしてくれるので一石二鳥です。
バスタイムやお風呂上がりに行うと、より効果的です。

たくさん揉まれることで女性ホルモンがアップ

バストは、揉まれるなど性的な外部刺激を受けると、乳腺も刺激されます。
乳腺が刺激されると女性ホルモンが増え、その結果、胸が大きくなると言われています。

ただ揉めばいいというわけではなく、ポイントは”性的に興奮する”という部分です。
性的な刺激を感じることで、女性ホルモンが活発になり、胸も大きくなると言うわけですね!

サイズの合った下着をつけて、バストの位置はこまめにチェック!

サイズの合っていない下着を着けている人って意外と多いです。
下着を選ぶときはお店の人にしっかり計ってもらうようにしましょう。

そして、常に下着の中にしっかりとバストが収まっているようにキープすることで形が崩れることを防ぎますので、お手洗いに行った時など、下着がずれていないかチェックすることをオススメします。
どうしても動いているとズレてしまうことがあるので、バストを定位置に戻してあげることが大切です。
背中の方からお肉を持ってくることで、背中のお肉が胸に移動して、バストアップにも繋がります。

サイズの合った下着を着けて、バストを定位置でキープして型崩れを防ぎましょう!

寝るときはナイトブラでバストもリラックス

通常の下着はワイヤーが入っていてカッチリしているものが多く、寝るときに着けるとちょっと窮屈ですよね。
だからと言って、ノーブラで寝るという話を聞くことがありますが、ノーブラだけは絶対にやめましょう。
バストの型崩れの大きな原因になります。

そんなときは、寝るとき専用の下着“ナイトブラ”をオススメします。
ナイトブラは、寝ているときに重力によってバストが垂れてしまうのをふせぐことができます。
また、ナイトブラは、ワイヤーがなく、付け心地がよいので、リラックス効果も期待できます。

1日のうち、寝ている時間は6〜8時間と多いので、寝ているときもバストケアを怠らないようにしましょう。

キュッと引き締まったウエストはやわらかバストを引き立てる!

「ボン!キュッ!ボン!」の「キュッ!」ウエストのくびれの作り方

マシュマロボディになるには、引き締めるところはキュッと絞られていなければいけません。
ウエストが引き締まっていると、バストがより強調され、スタイルがよく見え、マシュマロボディに近づくことができます。

お腹周りスッキリ!やってみよう、簡単にできるストレッチ

1.足を肩幅よりすこし大きめに開いて立ちます
2.つま先は外側に向けてください
3.両腕を床と水平になるように横に伸ばし、手のひらは下に向けます
4.上体をまっすぐに保ちながら、右手の指先を左足の先に向かって斜めに下げていきます
5.数秒キープします
6.いったん上体を元の位置に戻し、反対側も同じように動かしましょう

マシュマロボディを手に入れて、夜は積極的になれるかも・・・!

自分の体に自信を持てるようになると、夫との夜の生活のほうも積極的になれますよね。
ときには自分から誘ってみることで、夫をドキッとさせちゃいましょう。

体の全部に自信がなくても、どこか1か所でも自信が持てるパーツがあれば、そこを自分のセールスポイントにしてアピールしていきましょう。
夫に見られ、褒められることで、より一層自分磨きが頑張れそうですよね。