2017
12.04

夫以外の男性を好きになってしまったときの対処法

結婚後、もしも夫以外の男性を好きになってしまったら・・・

夫婦生活

人間は、どうしても新しいものが好きですよね。
それは結婚して「既婚者」になっても、そうなのかもしれません。

特に不自由ない生活をしているのに、刺激を求めてしまう。
それはもしかしたら人間の本能なのかもしれません。

そこで自分にストップを掛けられるのが大人なのでしょうけど、
なかなか難しい時もあるのかもしれませんよね。

しかし、本能のままに生き過ぎてしまうと、どんな結末を迎えるのでしょうか
想像してみてください。
 
もしも夫以外の男性を好きになってしまったら・・・

今回は、そんなあなたへのメッセージを書きたいと思います。

一時的な好奇心

夫以外に好きな人ができたら

平凡な生活の中に突然転がり込んできた。あなたはそんな刺激に一時的に舞い上がっているだけです。
ショッピングをしているときに、「あ、これもいいな」
と思うのと一緒です。
確かに現実逃避をしたくなる時もあります。
しかし、衝動的にならず、いったん冷静になってください。

隣の芝生は青く見えるだけ

人のものは良く見えますよね。本当は凄く大変かもしれないのに・・・
本当のところなんて、本人にしかわかりません。
反対に、他の人から見るとあなたの生活が羨ましく見えるものです。
つまり、ただのない物ねだり。
今の幸せを見つめ直してみてください。

結婚していても積み重ねてきたものを失うのは一瞬

失うのは一瞬

今まで築き上げてきた信頼関係。
それは夫婦生活においてとっても大事なこと。
それを自分の欲求を満たす為に無くしてしまってもよいのですか?
失うのは簡単です。

壊れた夫婦関係を取り戻すのは容易ではない

そうです。いったん失った信頼は、取り戻すのが非常に困難です。
何年、何十年もかかるでしょう。
なにか疑わしいことがあれば疑われることもあるでしょう。
そんなリスクを、あなたは負えますか?

不自由ない生活は誰のおかげ?

結婚後好きな人ができたら

なんだかんだで、今平和に暮らせているのは、毎日家庭のために仕事を頑張ってくれている大黒柱の旦那さんがいるからですよね。
不満もあるかもしれませんが、世の中100%完璧な旦那なんていません。
旦那さんに、感謝の気持ちを持つことで、思いとどまることができるのではないでしょうか。

寂しさを埋めるつもりが増すばかり

寂しくて人恋しくなってしまう夜。
旦那も仕事が忙しくて相手にしてくれない。
そんなとき、フラッと他の男性に・・・
なんてこと、ありがちですよね。
果たしてそれで本当にあなたの心の隙間は埋められるのでしょうか。
私はそうは思いません。
「私、なにしているんだろう・・・」
結局は罪悪感と、余計に寂しくなるだけなのです。

相手は本気ではないかもしれない


男性からすると、既婚女性は遊ぶのにちょうどいいのです。
家庭があることで、結婚をせがまれたり依存してこないというのが理由でしょう。
後腐れなく割り切ってくれそうということですね。
つまり、相手は甘い言葉をかけてくれるかもしれませんが、所詮遊びです。
そんなことに、あなたは家庭を犠牲にしてまで付き合いますか?

最後は一人きり

気づいたときには、もう遅かった・・・
あなたは大切な家族、信頼、居場所を失います。
最後はひとりぼっちになってしまいます。
あのときちょっと魔が差したことで、冷静になれなかったことで失うものは、とても大きいです。

他の男性を好きになってしまったことへの代償は大きい

人間は欲深い生き物です。
満ちているのに、求め続ける。
哀しいですが、それが本能なのかもしれません。
そして衝動的になってしまうのもすごくわかります。
しかし、失うものも多いことは確かです。
本当に自分にとって大切な人は誰なのか、考えなおしてみてください。
せっかく縁あって結婚した旦那さん。
いいところもたくさんあるはずです。
結果的に、今足元にある幸せにを大切にしたほうが良いのではないでしょうか。