2018
04.09

「もしかして妊娠・・・!?」気になる【妊娠超初期症状】はコレだ!

こども

妊娠を希望している時って、少しでもいつもと違う症状が現れたら、「もしかして妊娠したかも・・・!?」と、期待してしまいますよね。

妊娠超初期とは、まだ検査薬も陽性反応が出ない時期のことを言います。

毎月規則正しく月経がある人は、最終月経が始まった日が妊娠0週0日となります。この時点では妊娠が成立していません。
着床が成立するのは排卵してから約1週間後、つまり妊娠3週ごろということになります。

妊娠検査薬では早くても妊娠4週からしか陽性反応が出ないため、
妊娠3週~4週の間は妊娠していても妊娠反応が陽性にならない時期があります。

では、妊娠超初期症状として言われているものをまとめてみます。
個人差はありますが、参考にしてみてください。

着床出血

生理予定日の1週間~数日前くらいに、1~3日程続く出血のことです。
受精卵が子宮内膜に着床するときに、絨毛 (じゅうもう) が子宮壁を傷つけることがあるのですが、
このときに出血が起こることがあり、これが着床出血と呼ばれています。
経験する人は50人に1くらいの割合なので、着床出血がなくても妊娠していることはあります。
血の色は、薄いピンクから真っ赤な鮮血、生理と同じようなもの、と幅広く、個人差がありますが、
なにかしら出血があった場合は、妊娠の可能性も考えられます。

下腹部痛

妊娠下腹部痛

体調不良や生理でもないのに下腹部痛があるという場合は、妊娠超初期の下腹部痛かもしれません。
よくいわれるのは、「チクチクとフォークで刺されるような痛み」「シクシク・ズキズキした鈍い痛み」などです。
下腹部の、子宮周辺が痛むことが多いと言われています。
妊娠すると、子宮が収縮したり拡張したりすることを繰り返すので、これが痛みの原因となります。
妊娠超初期の場合は、受精卵が着床する「着床痛」のほか、ホルモンバランスの変化により、子宮が赤ちゃんを育てるために大きくなろうとして靭帯などが引っ張られることも下腹部痛の原因になると考えられます。

眠気が止まらない

妊娠すると眠い

「なんか最近やたらと眠いなぁ・・」と思っていたら妊娠していたという話をよく聞きます。
妊娠すると、体を休めようとする作用が自然と働くので、あまり無理せず、ゆっくり休む時間をつくってあげましょう。

食の好みが変わる

妊娠すると食の好みが変わる
酸っぱいものを欲したり、大好物が食べられなくなることがあります。
食欲が異常に増すこともありますが、これは赤ちゃんに栄養を送ろうとする作用が働くためなので、正常なことです。

情緒不安定になる

妊娠超初期症状

なんでもないことに無性にイライラしてしまったり、気持ちがうまくコントロールできず情緒不安定になることは、妊娠超初期によくあることです。
原因としては、女性ホルモンのバランスの崩れがあります。
女性ホルモンの分泌をつかさどっている脳の視床下部は、自律神経のバランスもコントロールしています。
そのため、女性ホルモンのうちの、黄体ホルモン(プロゲステロン)や、卵胞ホルモン(エストロゲン)のバランスが崩れると自律神経が乱れ、情緒不安定という症状をもたらしてしまうのです。

胸が張る

胸の張りは、生理前にも現れる症状で、排卵後に増える黄体ホルモン(プロゲステロン)の作用によるものです。
妊娠した時と生理前に現れる胸の張りの最も大きな違いは、生理予定日後も続くかどうかです。
生理前の場合は生理予定日前に治まりますが、妊娠すると妊娠状態を維持する働きを持つプロゲステロンが着床後急激に分泌量が増加するため、生理予定日後も胸の張りが継続します。

匂いに敏感になる

妊娠すると匂いに敏感

匂いに敏感になり、いつもは気にならなかった匂いが、急に苦手になることがあります。
妊娠すると卵胞ホルモン(エストロゲン)というホルモンの分泌が増えます。
このホルモンは嗅覚を敏感にするという働きがあります。
また、自律神経も影響されるので、嗅覚が過敏になるとも言われています。

トイレの回数が増える

頻尿になることがありますが、排尿時に痛みなどがないのであれば、何も心配はありません。
生殖腺刺激ホルモンが分泌されることで、血液が下半身の腰のあたりに集中します。これに刺激を受け、膀胱が敏感に反応するのが原因です。
また、急に子宮が変化しはじめたことにより、すぐそばの膀胱が同時にその影響を受けることも考えられます。
トイレに行く回数が増え少し大変ですが、小まめにトイレに行くようにしましょう。

生理がこない

生理予定日を1週間過ぎても生理が来ない場合は、妊娠を疑ってもよいと言えるでしょう。
ドキドキしますが、検査薬を試してみましょう。
ここで陽性反応が出ても、正式に妊娠が確定したわけではないので、焦らず、病院を受診して医師に診てもらってください。

最後に・・

妊娠超初期症状と月経前症状(PMS)はとても似ているので、中々見分けることが難しいのですが、
いつもと違う症状を感じたら、やっぱり妊娠を期待してしまいますよね。
しかし、あまりにも期待しすぎてしまうと、生理がきてしまったときにガクッと落ち込んでしまうので、
「もしかしたら妊娠してるかもしれないなぁ~」くらいに自分の中でおさえておいた方が良いと思います。
また、症状には個人差もありますので、検査薬が反応するようになるまでは少しもどかしい気持ちにはなりますが、
やはり検査薬や病院に行ってしっかりと判断してもらのが一番ですね。