2017
12.04

神奈川の住みたい街ランキング

新婚生活でオススメの街ランキング【神奈川編】

生活

都内編に引き続き、今回は新婚生活でオススメの街、神奈川編をお紹介したいと思います。

東京に続き、都道府県別の人口第2位の神奈川県ですが、横浜中華街や、みなとみらい、ランドマークタワー、鎌倉の大仏など、他にもたくさんの有名な観光スポットがあり、多くの方が訪れた経験があるのではないでしょうか。

実際に生活するとなるとどこがいいの?という方のために、今回は5つピックアップしてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

5位 横浜(横浜市西区)

住みたい街横浜

横浜市の中心駅であり、JR東海道線、横須賀線、京浜東北線・根岸線、横浜線、京浜急行電鉄、東急東横線、みなとみらい線、相模鉄道、市営地下鉄ブルーラインと、非常に多くの路線が乗り入れています。

横浜と聞くと、都会で家賃が高そうなイメージがありますが、実は思っているほどではありません。
特に西口方面の下町エリアは穴場です(東口はタワーマンションなどちょっとお高め)
台町、岡野、浅間町辺りは横浜駅から徒歩15分圏内、閑静な住宅街なのでおすすめです。駅周辺と比べると、治安もよく安心できるエリアと言えるでしょう。

4位 たまプラーザ(横浜市青葉区)

東急田園都市線沿いの閑静な住宅街です。渋谷まで19分です。
たまプラーザは建築協定によって、商業エリアと住宅エリアが完全に別れているので、住宅エリアには商業施設が一切ありません。

駅前には駅直結の巨大大型商業施設「たまプラーザテラス」があり賑やかです。ファッションやインテリアの流行を取り入れつつも、カルチャーセンターや学童保育施設などの実用的な施設もありとても充実しています。

街並みも綺麗で洗練されているので、ちょっとセレブ気分を味わいたいという方にはおすすめです。

3位 武蔵小杉(川崎市)

JR南武線、横須賀線、湘南新宿ライン、東急東横線が乗り入れています。東急東横線で渋谷まで13分です。

近年人気が急上昇している注目エリアで、最近の住みたい街ランキングには必ずと言ってもいいほど名前があがります。
最近ではタワーマンションが立ち並び、近代的な雰囲気のとても綺麗な街となってきました。
駅周辺には「グランツリー武蔵小杉」、「ららテラス」、「東急スクエア」などの大型商業施設があり、おしゃれなファッション用品から生活用品までまとめて揃うのはとても魅力的です。

周りに子育て世帯も多く、同じように子育て中もママ友との交流も多く情報交換もできます。
街の道幅が広くベビーカーでの移動が楽なので、買い物時も子どもを連れての移動がスムーズなのもメリットです。

2位 藤沢(藤沢市)

JR東海道本線・湘南新宿ライン、小田急江ノ島線、江ノ島電鉄線が乗り入れています。横浜まで19分、品川まで36分、新宿まで49分です。
ほとんどの都心部へ乗り換えなしで行けるのは大きなメリットですよね。

物価も安く、駅前にはOPAや小田急百貨店、その他にもスーパーやディスカウントショップが充実しています。都心部へ行かなくても一通り揃います。
駅前は賑やかですが、10分ほど歩くと住宅街があり、この辺は駅前と比べて落ち着いた雰囲気で治安がよいので女性やお子様にも安心です。

そして観光客に人気の江ノ電も藤沢から出ており、海沿いの風景を眺めながら、長谷の大仏、鎌倉などの観光スポットへもアクセスがよいです。
街と自然の両方を味わうことが出来ますので、落ち着いた暮らしを求める方におすすめです。

1位 大船(鎌倉市)

横浜市と鎌倉市の境目にあります。
JR東海道本線、横須賀線、根岸線が通っており、都内の主要駅にも一本で行くことが可能です。品川駅まで38分、新宿駅まで44分、東京駅45分です。
また、神奈川県の主要駅である横浜駅には15分、川崎駅まで23分です。
そして観光名所の鎌倉には6分で着いてしまうのです。

駅前はルミネが隣接しており、他にも多くの商業施設があります。駅周辺の商店街はとても活気があり、お店の種類も豊富で物価も安く、主婦にはとてもありがたいです。
街には程よく緑もあるので、お散歩をしながら大船名物の大船観音を見るのもおすすめです。
街の団結力も強く治安がよいので、子育てするにも環境がいいと思います。

神奈川も広く、5つに絞るのは難しいくらいなのですが、参考にしてみてくださいね。
神奈川は都心部まで近いにもかかわらず、都内よりも物価が安く、生活費や家賃をおさえられるのも嬉しいですよね。
特に都内に住みたいというこだわりがない方であれば神奈川のほうがコストパフォーマンスはいいと思います。

それぞれの街のよさがありますので、自分たちのライフスタイルに合った街をさがしてみてください。