2017
12.04

結婚後の女性のアンチエイジング

結婚後におばさん化しないように、アンチエイジングしよう!

結婚後、家事や育児に追われる多忙な中で、自分に構う時間が減り、所帯じみた「おばさん化」してしまうことがあります。
結婚前は美容院やネイルサロンに頻繁に行ったり、ファッションにもこだわっていた美意識の高い時期があったのに・・・と思うことはありませんか?

確かに家庭のことを第一に考える女性は理想的なとてもよい妻や母親だと思います。
しかし、だからといって自分の身なりを構わずにいると、どんどん老けていく一方なのです。

それではせっかく女性として生まれてきたのにもったいないですよね。
いつまでも綺麗な妻は夫の見る目も変わるはず!子供にとっても自慢の母です。

忙しい主婦でも簡単に短時間でできる”アンチエイジング”方法をご紹介します。

とにかく保湿!保湿!保湿!

アンチエンジングには保湿が大切

乾燥はお肌の大敵!お肌の水分量が少なくなるとバリア機能が低下し、外部の刺激から守られなくなるので、痛みやかゆみが生じる敏感肌になることがあります。カサカサした肌は年齢を感じさせるだけではなく様々な不都合にもつながります。
また、乾燥肌は大人ニキビの原因になり、一度できるとなかなか治らないというやっかいなものになります。なかなか消えないニキビ跡ができるのも避けたいですよね・・・
そして乾燥は、一番年齢を感じさせるシミやシワの原因にもなってしまいます。
肌が乾燥すると弾力がなくなるので、笑ったときに折り目ができてシワになった部分がなかなか元に戻らずに定着してしまうのです。
また、メラニン色素は本紫外線から肌を守ってくれる役目なのですが、肌が乾燥することで不要になったメラニン色素が上手く入れ替わらなくなったり、必要以上に増えてしまいます。
そうなることでシミがどんどん大きく濃くなってしまうのです。
お風呂上りにオールインワンの化粧水をつかって時短にしたり、フェイスパックをしながら食器洗いなど家事をするのも主婦にはおすすめです。スプレータイプのボトルの化粧水であれば、家事の合間にシュシュっと一吹きできて簡単保湿になるので便利ですよ。

睡眠は最高の美容液

毎日の生活の中で、私たちが当たり前のようにとっている睡眠ですが、よい睡眠は若返り効果が期待できるのでぜひ意識してみてください。
同じ睡眠時間をとっていても、肌のゴールデンタイムといわれている22:00~2:00にしっかり睡眠をとれている人と、それ以外の時間に寝ている人とでは大きな差がでてしまうのです。
ゴールデンタイムの睡眠の効果は、まずは疲労回復、翌朝スッキリと目覚めます。そして成長ホルモンや肌をつくり出す基底層の細胞分裂が活発になり、美肌効果はもちろん、老化防止や薄毛予防のもつながるのです。
質の良い睡眠はいいこと尽くしですよね!

いつでも家の中で表情筋の体操でたるみ予防!

たるみ予防
顔のたるみが目立ってくると、なんだか疲れてるのかな?老けたなぁ~という印象ですよね。
やっぱりパッと見てフェイスラインが崩れ始めると一気に老けてみえてしまいますからね。
顔の表情筋をよく動かすことで、簡単にたるみ予防になるのです。

1.まず、口角を上げることはタルミにとても効果的です。
2.閉じた唇を大げさなくらい左右に広げて、口角をキュッと上にあげるように意識します。
3.次に、唇をタコのように突出し、とがらせ5秒キープ。ゆっくり戻して、“あ・い・う・え・お” と、大きく大げさに動かします。
4.その次に、あごを上に突き上げ、あごから首にかけてのラインが固くなっているのを意識しながら、そのまま唇を突出し、とがらせ5秒キープします。

ふとしたときに、簡単にできますよね!

姿勢をピンと正してアンチエイジング!

遠目から見ても、あの人なんかおばさんっぽいな~と思うことってありますよね。
そうです。若くいるためには姿勢も大事なポイントなのです。
背中をピンと上に伸ばしてシャキシャキと歩くだけでも若々しく見えますよ!
そして姿勢を正すことで体の内部の筋肉が鍛えられるので、基礎代謝もアップし、ダイエット効果もあるのです。
普段、あまり使う事のない背中の筋肉に力を入れて背筋を伸ばすだけで、基礎代謝はグンとあがります。
なんとカロリーの消費量は1.5倍もアップするのです。

若くありたいという気持ちが大事!

いつまでも若々しく健康にいたいという気持ちがあれば、自然とそういったことに敏感になり、実際に行動に移していくのかなと思います。
特別お金や時間がかかることでなくてもアンチエイジングの方法はたくさんあるのです。
なので、いつまでも綺麗な妻や母でいられるように、さっそく今日からアンチエイジングを意識してみてはいかがでしょうか。